四十肩とホルモンの関係

四十肩とホルモンの関係
特に女性に多くの症状が見られる更年期障害ですが45歳から55歳位の年齢を中心とした症状で主な原因はホルモンの分泌量の減少に伴うホルモンバランスの乱れにあるとされておりますこの更年期障害の症状はホルモンバランスの乱れに伴う頭痛やイライラホットフラッシュと言われる急激なほてりや等が主な症状として知られておりますが中高年に多い肩こりや膝などの関節通腰痛等もこの更年期障害の症状の一つとして考える事が出来ますこれは女性ホルモンの一つでもあるエストロゲンと言われるホルモンの分泌量の減少により関節などを支えている軟骨や筋肉の力が衰えてしまい血行の悪化等も関連して関節痛が起こるとされておりますこれらの症状は初期段階では関節がポキポキと鳴るようになったり関節がこわばり関節の曲げ伸ばしに違和感を感じたり足首が痛くなったりの症状が現れてきます更にそのまま放置してしまうと全身の関節等の痛みにつながって行く事が考えられますので違和感を感じた場合には早期に医師の診察を受けておく事が必要になりますこの様な更年期障害に伴う関節痛は中高年の方で気になる症状の四十肩や五十肩にも関連性があり人間の肩も関節ですので肩関節の軟骨や筋力の衰えがそのまま肩痛に繋がってきますこの四十肩や五十肩で注意しておきたいのは端に更年期障害の症状であればその対策としての医師の治療やサプリメント等の摂取で症状の緩和が図れますが症状が四十肩や五十肩と似ていながら別の病気や症状である場合があるのでその点の見極めと適切な治療が必要になりますいくつかの類似の症状を確認してみましょう先ずは腱板炎と言われる症状で肩部分を何かにぶつけたりする外的な衝撃を受けて発症しますその肩まわりの筋肉が損傷してしまう事で発症しますこの腱板炎は四十肩や五十肩と同じような痛みと症状が見られる四十肩等と間違えられやすい症状です次に腱板断裂と言われる症状ですこの腱板断裂の症状は四十肩や五十肩と同じように腕を上げ下げする時の痛み等が主な症状である四十肩や五十肩と間違われやすい症状であると言われておりますこれらの各種の関節痛や四十肩五十肩の症状に悩まれている方にとって手軽にその症状の改善を図ってくれるものが各種のサプリメントになります特に関節痛等の改善に効果のあるサプリメントの成分はグルコサミンやコンドロイチンコラーゲンやヒアルロン酸等を挙げる事ができこれらの成分の配合されているサプリメントがお勧めとなります是非購入される際にはその成分を確認してみましょう

「四十肩とホルモンの関係」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です